So-net無料ブログ作成
検索選択
思考盗聴・音声送信・電波集団ストーカー ブログトップ

思考盗聴・音声送信・電波集団ストーカーの真相 。  [思考盗聴・音声送信・電波集団ストーカー]

   
私も被害者です。2007年に名古屋に住んでいた頃から周りの人の雰囲気が悪く、2008年になってからは県外にまで出没する集団ストーカーに悩まされ、探偵事務所や警察に集団ストーカーや盗聴などの相談に行ったこともあります。 

警視庁両国本庄署および品川署、二月九日 。 警視庁本庁入口、二月の二十一日または二十二日。

新宿署、三月十三日 。 愛知県警察本部および市千種警察署、三月十八日。

彼等は決してただの集団ストーカーなどではなく、加害側はなぜか大衆浴場のような何も身につけていない状態であっても、私が頭(心)の中で思った事や考えた事を知っており、そればかりでなく加害側の「声」を私の頭の中で聴かせて、加害グループと私の間には頭の中での「会話」が頻繁に行われていたのです。さらに加害者が実在する事をアピールし、私に立証してみせたのです。(これについては、後述) 

しかし、今では在日系を実働部隊とした外国系スパイ工作機関によって、「脳内情報通信」技術にもとづく次世代スパイ工作システムのための人体実験が行われている事を知っています。

2012CIAが脳内音声兵器(神の声兵器)を使った人体実験を、何も知らない一般市民を対象に行っている事を、元CIA職員と元政府国家機密プロジェクトの一員がアメリカ元ミネソタ州知事Jesse Ventura氏の主宰するケーブルTV番組で暴露しました。

この番組の中で、元、CIAおよびにアメリカ国防総省・司法省の国家機密プロジェクトの一員であるRobert Duncan博士は、「アメリカ政府の関係者によって、アメリカの何も知らない一般市民を対象に音声送信などの人体実験が極秘裏に行われており、その一般市民の被害者は、一見すると精神病患者の様に思われるが、実はそうではなく、彼らは脳内音声兵器(神の声兵器)の人体実験被害者として拷問を受けているのである」という驚くべき告発を行っています。 

脳内音声兵器 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E5%86%85%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%85%B5%E5%99%A8

アメリカ元ミネソタ州知事Jesse Ventura氏が、政府(CIA)による一般市民を対象にした人体実験の陰謀を暴く。Disclose.tvの動画

陰謀論 脳侵略者 (動画) 

https://vimeo.com/user36735533

(和訳抜粋) 

http://gangstalking-crime-databease.blogspot.jp/2013/10/jesse-venturas-conspiracy-theory-brain.html?showComment=1383444504071

イギリス元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器と人体実験 (音声送信の事が語られています)

https://www.youtube.com/watch?v=NRoN2Fsci3o

また、「 アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化 著者 小出エリーナ」という本には、アメリカの一般市民が脳内音声兵器の人体実験を受けていた事が記されています。

「脳内情報通信」技術にもとづく最先端スパイ工作器械の中でも、特に一般的な思考盗聴器および音声送信器の原理については以下の通りです。

< 思考盗聴器の原理についての考察 >

思考盗聴器は、人が頭の中で思考するときの神経信号(金属イオン、もしくは金属イオンに似た性質のイオン信号)、または実際に声に出さなくても頭の中で会話をするときに発生する、脳の音声信号(神経信号)あるいはイオン信号をレーダー電波で捕捉し、個人差に対応したコンピューターの翻訳プログラムに従って、音声言語または文字として翻訳する器械です。 

これには、対象者に、その人がもつ固有の生体情報(周波数と振幅、およびにその波形)に合わせた電波を当てた場合、その人に固有の共振電波が反射する事を利用して、その電波を捕捉し、測定する方法を用います。    

対象者に電波を当てた時、共振現象を引き起こす事ができる、その人だけがもつ固有の周波数と振幅、およびにその波形の事を、その人がもつ固有の生体情報と解釈する事ができます。また参考までに、七色の虹の光を人に当てた場合、その反射波からはその人の持つ奇数波長の電波が測定されます。

現在、対象者に固有の生体情報をもとに、脳全体の情報をレーダー電波で捕捉し、翻訳プログラムに従ってコンピューター機器で解読する思考盗聴器の研究開発実験が行われています。

http://tocana.jp/2014/11/post_5125_entry.html

http://wiredvision.jp/news/200808/2008082523.html                                                                                                                                                                                                   

http://wiredvision.jp/news/200905/2009051923.html

(英文)

http://www.slavery.org.uk/RBITE.htm

 (英文)

http://www.freepatentsonline.com/3951134.html

< 思考音声言語の翻訳について >

声に出さないで、心の中だけで読んだり話したりしている時であっても、実際には「舌」と「声帯」、さらに、「声に出さない音声などを処理している音声器官」は、脳からの音声信号(神経信号)を受信しています。この音声信号(神経信号)をセンサーで受信し、その信号を処理して、パターン認識をもとに解析、解読を行い、音声言語や文字として翻訳するコンピュータプログラムがすでにアメリカにおいて開発され、考えるだけで会話ができる無声携帯電話の通話器として実用化(商品化)されています。この器械は、人が頭の中で考えた言葉を喉に付けたセンサーの情報をもとに音声に変える器械です。 

実用化された製品情報  (魚拓リンク)  

http://s04.megalodon.jp/2008-0529-0146-52/itnp.net/category_betsu/8/1194/

  

That'sImpossible「まさか!?」6-2HistoryChannel番組)

http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/07/thats-impossible6-2.html
 

世界初の無声携帯電話の通話

(英文) 

http://www.theaudeo.com/AudeoSensor-Manual_12022009.pdf


 

思考盗聴器は電波によって、この脳からの音声信号(神経信号)またはイオン信号を捕捉し、コンピューターによる思考言語の翻訳プログラムに従って、音声言語または文字として翻訳する器械です。

2008年、アメリカ合衆国で最大のテレビ・ラジオ・ネットワークを有するCBS放送は、その看板ドキュメンタリー番組である"60 Minutes"において

                                                     

「人の脳内の、ものすごく複雑な思考も解読できる機械が5年後には完成する事、さらに、現在は秘密裏に遠隔から使用される技術も開発されており、数メートル離れたところから、人の脳の前頭葉に光線(電波)を当て、その反射波を受容した機械が思考を読み取る装置が開発されている時代である」という驚くべき事実を報じています。

                                                

マインドリーディング(CBS "60 Minutes":Mind Reading

http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/08/cbs-60-minutes-mind-reading.html 

Reading Your Mind(英語動画) 

https://www.youtube.com/watch?v=8jc8URRxPIg

人の意図を読み取ることができる、脳のスキャン。 英国ガーディアン紙の記事 

(英文) 

http://www.guardian.co.uk/science/2007/feb/09/neuroscience.ethicsofscience 

科学者達は私達が何を聞いているかを盗聴するために脳波を解読する。

 (英文) 

http://www.sciencedaily.com/releases/2012/01/120131175158.htm

脳内妄想ダダ漏れの危機か、思考を読み取る手がかりが解明される 

http://gigazine.net/news/20110530_how_words_are_formed_in_the_brain/

以前は、研究室の中で、数メートル離れた所から人の脳に光線(電波)をあて、その反射波を受容した機械によって思考を読み取る装置を開発していた科学者達は、 現在、共振電波の送受信技術を用いて、数百キロも離れた所から、対象者に固有の共振電波をあて、その反射波を受容した機械によって思考を読み取る装置を開発しています。

また、共振電波の送受信技術を用いて、数百キロも離れた所から、対象者に固有の共振電波をあて、その対象者だけに聞こえる音声を送信する技術が、外国だけでなく日本においても開発されています。 

これらの共振電波の送受信技術については、対象者が電車(飛行機)で移動していても、山や建物の中、または地下に居ても、技術上の問題は既に解決されており、距離に関していえば、日本にいる対象者にブラジルくらい離れた外国から思考盗聴や音声送信が可能です。無論、対象者の体内や身近な場所に器械は一切必要ありません。 

現在、日本において、これらの開発技術は知的財産の所有権(特許)や悪用される可能性などの問題があり、その情報は極少数の科学者達によって管理されている為、あまり公になる事はありません。

また、外国(主に先進国や大国)においては、これらの技術情報が企業機密または、国家安全保障上の問題により、国家機密に指定される可能性が高いため、現時点においては、日本と同様、やはり、公になる事はないようです。

内情報通信技術の中でも、対象者の持つ固有の周波数と振幅、およびにその波形とによって共振させる、共振電波の送受信技術、およびにレーダー電波の技術を用いて、対象者を限定した思考盗聴・音声送信などが可能です。また、この時に対象者の位置を把握することも可能です。

思考盗聴や音声送信には500から数千種類の共振電波が使用されており、使用する数が多いほど、その精度が上がります。

この技術を研究している学者やメーカーの研究者は、日本においては大体2000人程度存在しており、これらの研究者達の情報によると、アメリカ軍にも高額でその技術情報が売られているとの事です。因みに、公にはなっていませんが、これらの研究者達の情報によると、思考盗聴の技術は1990年頃にすでに完成しているそうです。(この技術をアメリカ軍の研究所で研究している人達は、日本人やインド人を含め外国人が多いと言われています。)

共振電波の送受信技術にもとづく音声送信の原理については、対象者に固有の共振電波をその人に当て、その反射波から、その人が「あ」という音声を脳内で聴いた時の、対象者に固有の生体情報(周波数と振幅、およびにその波形)を受信した場合、その生体情報の振幅を整数倍に強めた電波を、その人に送って共振させると、その人の脳内には、「あ」という音声信号(神経信号)が発生します。

また、対象者だけに共振する、対象者に固有の生体情報(周波数と振幅、およびにその波形)に合わせた数十から数百の電波を対象者に当てる事によって、対象者を見失う事なく追跡する事が可能です。

ただし、人に固有の生体情報(周波数と振幅、およびにその波形) は常に変化している為、その変化に合わせる必要があります。

フィンランド首席医務官キルデ医学博士の論文

http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/07/blog-post_24.html

NSAは、アメリカ人との電子戦を実行していますか?

(英文)

http://exposingalltruth.com/

NSAによるリモート神経モニタリング(RNM

(英文)

http://www.freedomfchs.com/remoteneuralmonitoring2.pdf

日本における音声送信などの自動追尾システムの実験について(引用) 

http://hmonai.blog33.fc2.com/?mode=m&no=160&m2=res 

遠隔操作で探り、思考や感情を更新する

http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/07/blog-post_3459.html

THE Matrix Deciphered  (著者 RobertDuncan博士)

(英文) 

http://thoughtlessness23.blogspot.jp/

<聴覚盗聴> 

脳内情報通信技術によるレーダー電波の音声送信によって、音声を対象者に聴かせながら聴覚などの音声信号(神経信号)を同時に捕捉し、送信した音声信号情報などをもとにこの情報を解読および翻訳することで、対象者がふだん聴覚器官で聞いている音声を翻訳し、復元する事ができます(聴覚盗聴)。また人の声は骨伝導音などによってその人の聴覚器官に伝達されるため、聴覚盗聴によって対象者の話し声を復元することも可能です。

脳内情報通信の基本は、レーダー電波によって脳の神経信号またはイオン信号情報を捕捉し、翻訳プログラムに従ってコンピューター機器で解読および翻訳をする事ですが、総合的な情報を収集してこれらを客観的に把握するためには、 思考盗聴・音声送信・聴覚盗聴などの(実験)内容を互いに確認し、それぞれの情報を総合的に判断する必要があります。 

このため思考盗聴・音声送信などの実験はセットで行われます。

< 音声送信器の原理 >

音声送信器はパルス変調されたマイクロウエーブなどの電波によって、対象人物に骨伝導による音声を聴かせる器械です。また、超音波によっても音声送信をする事が可能です。さらに、音声信号によって変調された(共振)電波によって、直接、脳または聴覚器官に音声を聴かせる技術が存在します。

http://wiredvision.jp/news/200801/2008011022.htmll
                                                        

脳内音声兵器 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E5%86%85%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%85%B5%E5%99%A8

また、固有生体情報にもとづいて、対象者だけに音声送信をすることが可能です。 

電波による音声送信については、ふつうのマイク録音をする事は不可能です。 

人の声を完全コピーして話すことが出来るようになる?

http://labaq.com/archives/50809302.html

<固有生体情報を捕捉するためのセンサー技術について> 

ナノ技術によるセンサーチップについて      

http://wiredvision.jp/news/200812/2008120922.html                                                                                       

< 脳内情報通信システムにもとづくスパイ工作システムの構築 >                                                                   

<脳内情報通信システム>

この二つの器械(思考盗聴器・音声送信器)を、個人の固有生体情報(周波数と振幅、およびにその波形)をもとに、対象人物とレーダー電波によってつなげると、 

対象人物の頭の中の言葉を理解し、対象人物だけに音声を聴かせ、対象人物の「頭の中」での会話を行う脳内情報通信が可能となります。また将来は脳の総合的な情報を捕捉するばかりでなく、脳への総合的な情報または命令信号の送信が可能となります。

脳内情報通信に関する技術ついて  http://www.keyman.or.jp/at/30002318/ 

<視覚盗撮および映像送信に関する技術について> 

http://wiredvision.jp/news/200803/2008031022.html

http://www.eyeplus2.com/

(英文)    http://www.wicab.com/

<脳内情報通信システムによる脳内通信工作技術> 

人の脳とコンピューター器機とを電波でつなぐ事によって「脳への直接的なマインドコントロール」が可能となり、また非殺傷兵器の技術を用いて、痕跡を残さないで対象者を苦しめる事が可能です。

電波による脳内通信工作技術ついて

BMI技術について 

http://www.itmedia.co.jp/news/bursts/0012/08/21c.html    

http://wiredvision.jp/news/200804/2008040723.html 

五感情報通信技術について  

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_1.pdf               

マインドコントロールについて 

http://satehate.exblog.jp/7676047/                  

「第6の戦場」:ネットの次は、人間の脳が戦いの場になる

http://wired.jp/2012/12/13/the-next-warfare-domain-is-your-brain/

< 最先端技術スパイ工作システムの構築 > 

アメリカ・イギリス・ロシア・中国などの国々、およびユダヤ機関は思考盗聴器・音声送信器などの次世代最先端技術を用いた、スパイ工作器械の研究開発および製造を行っています。この技術のための人体実験被害者は、先進国をはじめ世界中に大勢存在します。かつての東西冷戦のスパイ工作器械研究開発競争は、技術の進歩とともにこれらの最先端技術スパイ工作器械を生み、同時に脳内情報通信システムにもとづく革新的なスパイ工作システムを誕生させたのです。将来、マイクロチップによるセンサーやレーダー波などによって容易に入手した固有生体情報を登録する事により、人の脳とコンピューターとを(衛星)電波システムでつなぎ、世界的な脳内通信工作システムを確立する事が外国のスパイ工作機関の目的であると考えられます。また脳内通信工作技術によって、監視と(危機)管理システムの強化を目指す大国や、新世界秩序の実現を目指す国際組織が存在します。

イギリス元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器と人体実験①

(動画 :Part 1

http://www.youtube.com/watch?v=NRoN2Fsci3o

(動画 :part 2

https://www.youtube.com/watch?v=8b4GYyxMnbI

GWEN等、HAARPと衛星GPS_EMF制御格子> 

英文

http://lists.topica.com/lists/sott/read/message.html?sort=t&mid=1717480679

現在、人工知能をもつ量子コピューターが、五感情報通信技術やBMI技術よりも優れた技術である、個人に固有の共振電波の送受信にもとづく、生体イオン情報通信技術を用いた、脳内通信工作技術によって、世界の人を電波で監視し、管理する時代の到来が計画されています。

「光の保存」に成功、量子コンピューター実現に向け前進  

http://wiredvision.jp/archives/200510/2005100501.html

ht

「ネット上で進化していく人工知能」の可能性と危険

 http://wiredvision.jp/news/200808/2008082721.html

軍事・スパイ工作器械に関する次世代最先端技術は、国家安全保障上の問題から、国家機密に指定されているため、中国やロシアの情報はほとんど人体実験被害者の方の情報に限られ、主にアメリカの情報頼みというのが実情です。

(新興)宗教と脳内通信工作システム > 

脳内通信工作器械を使って、神のごとく人の内面を知り(思考盗聴器)、神の声を聞かせ(音声送信器)、神のごとく人の心を操作し(マインドコントロールマシン)、人にある種の思い込みや、信仰を抱かせる事が可能です。また、脳内通信工作システムによって宗教界を操作する事が可能となり、新興宗教および保守宗教を問わず、海外で宗教界に対する操作や工作を行う事で知られる、国際組織や共産国系組織の動向には大いに注意が必要であると思われます。

<脳内通信工作システムのための人体実験について>  

脳内情報通信技術にもとづくスパイ工作システムは、長期にわたる研究実験のほかに器械の実戦的な使用実修訓練を要し、またそのための一般市民のモルモット(人体実験被害者)を必要とします。(重要人物である対象者を数年以上にわたって毎日24時間監視し、あらゆる情報を集め、目的に応じて工作を仕掛ける事はスパイ工作機関の常識です) 

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク                                                      

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

<外国系スパイ工作機関説にもとづく日本の加害組織についての考察>

かなり昔の話になりますが、日本の「被害者の会」の古いデータによると、共産系組織によるものと思われる加害行為が、歴史的にはかなり多く報告されているようです。これについては、あくまでも個人的な印象ですが、旧KGB・中国・などのスパイ工作機関を背後にした、外国系共産組織による加害行為が想定されます(普通の日本共産党の方は一般市民を相手に、電波犯罪まではしないと思います)。二番目に多く加害行為が報告されている右翼説に関しては、中身は暴力団説と在日系説との混在が多く(関係者いわく、暴力団の四人に一人は在日系なのだそうです。人口比を考えるとかなり多いと思わざるを得ません。商売のためなら右翼にもなるそうです)、社会的な排除システムをうけもつ探偵会社説についても、実際には暴力団が経営する探偵会社が在日系の人を雇って行っている事が多いため、中身は暴力団説および在日系説に近い趣があります。創価説については、上層部や幹部に在日系が多いという説があるせいか、在日系説が内在しているようです。さらに電気・情報関連を含めた企業説ですが、外国と関係のある企業が対象になっている様子です。資本主義陣営の外国スパイ機関説では、おもにNSAまたはCIA・モサド(ユダヤ機関)・旧MI6などに容疑が持たれています。特に、アメリカの被害者団体を筆頭に、いくつかの外国の人体実験被害者の方々が、自国の政府による犯行を主張している事は重要な事実です。グローバルな観点からこの犯罪をとらえた説としては、「監視・(危機)管理・社会的排除」にもとづく(世界的な)統制システム説が存在します。中身は、西側の統制(管理・監視・排除)主義者の組織説、アメリカ・ユダヤなどの情報機関説などいろいろです。また、日本全国の多くの被害者の方が訴えている、無差別テロのごとき加害者の非人道的な虐待行為からは、日本人離れした加害者の人間的な感覚がうかがえます。さらに、右翼説を日米安保の観点から捉え、暴力団説および在日系説を社会の裏工作組織との繋がりで捉え直すとき、決して正体を現さず、かなり秘密性の高いこの(人体実験)犯罪の謎を紐解く鍵として、「スパイ・工作・研究開発・外国系・在日系」というキーワードが色濃く浮上してきます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

一つの解釈として、資本主義陣営、共産主義陣営を問わず、外国系(在日系)の非常に秘密性の高い謀略スパイ工作機関によって、脳内情報通信技術にもとづく最先端スパイ工作器械の研究実験が、日本人の脳内情報の解読および脳内工作のために行われており、これとあわせて脳内通信工作技術にもとづくスパイ工作システムを日本において構築するために、実戦的な人体実験が一般市民から選ばれた日本人の被害者の方を対象に行われている。と考えられます。

ここで、注意が必要な事は、「在日系」というのは外見が日本人のように見えても、国籍は外国である。という事です。加害者のテクノロジーと残酷な行為はそうでないと説明がつきません。もちろん外国に雇われた日本人が加わっている可能性はあります。

更に重要な事は、被害者が日本(または外国)のどこに逃げても、同じ組織による思考盗聴・音声送信から逃げ切ることが出来ないという、加害組織のもつ高度な技術が、外国の国家機密クラスの技術以外には考えられないという事実です。この犯罪が15年以上まえから確実に存在することを踏まえるとき、他の説明は一部の通信・電機系企業・大学(の研究機関)を除けば、外国系組織と組んでいることを想定しない限り、現実的ではない一面があると思われます。また、外国(先進国や大国)の被害者団体が、主に自国の政府の犯行を主張している事は最も重要な事実です。

思考盗聴器を最も必要とし、長年、密かに研究してきたのは、外国(先進国や大国)のスパイ組織に他ならないという事実を忘れてはいけません。                                                                                                                                                                                               

これらの事にもとづいて、私達の被害について私が出した結論は以下のとおりです。

『思考盗聴・音声送信などの一般市民への人体実験は、アメリカなどのスパイ工作機関が「高度な思考盗聴・音声送信技術が存在する事実」と「実験およびに実験データ」の秘密漏えいのリスクを最小限度にとどめながら、世界中のその国に住んでいる一般市民から実践的かつ個人差に対応した実験データを取る為に行われます。測定は最低でも一万回以上、同じデータを測る必要があります。五千回の測定では、大学教授の学会発表でも、研究者間や産業界でも相手にされないそうです。被害が毎日二十四時間、十数年以上に及ぶのは、その為です。

また、一般市民の人体実験被害者への思考盗聴・音声送信には、実験の目的の他に、幻聴・幻覚・被害妄想などの統合失調症(精神病)の症状と被害者の言動とを一致させる事によって、被害者を精神病患者として社会的に排除し、世界的な一般市民への人体実験を実質的に隠蔽するという目的が含まれています。』 

その為、始めから加害側のマニュアルには統合失調症の診断基準が盛り込まれていたのだと私は推察します。

その根拠の一つは、フィンランド首席医務官キルデ医学博士の論文に述べられています。

http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/07/blog-post_24.html

日本に溶け込んだ在日系(地下組織)を主力実動部隊とした外国のスパイ工作機関が、日本の加害組織の全体の中でどれくらいの割合を占めているかは謎ですが、決して小さくはないと考えられます。  

<私の体験をまじえた人体実験被害の実態について>                                                                         

スパイ工作組織は一般市民の中から(人体実験)モルモットとして選ばれた対象人物に対し、
個人の固有生体情報をもとに、思考盗聴器や音声送信器などの脳内通信工作器械を電波でつなげるために、気付かれないように近づきます。

その後、対象人物に対する思考盗聴器や音声送信器などのセットの確認および調整のために、
大勢の老若男女で編成された思考盗聴・音声送信・声優部隊が、他人になりすませて実験を開始します。


スパイ工作組織は真相を隠すための偽装、撹乱工作をおこなうため、これらの事は対象人物である被害者にとつて、あたかも集団ストーカー被害にあっているように認識されます。

例えば私が通りすがりの中年男性にふと気付いたとすると私を思考盗聴している加害側もそのことに気付き、加害側の中年男が音声送信で声を私に聴かせるのです。
すると何も知らない私は、その声を通りすがりの中年の男性が言った声だと思い込むのです。
もちろん相手が若い女性なら、加害側もそれにあわせるわけです。

私の場合、本物のスパイ工作員は確かに存在しましたが、ほとんどが音声送信による工作だったのです。

最初は相当かれらに騙されました。あたかも集団ストーカーに追われるようにあちこちを逃げ回り。とうとう電車に乗って逃げ出す始末でした。しかし、京都方面に向かう電車の中で、突如、かれらが私の頭の中に話しかけてきたのです。私が頭の中で思い浮かんだ言葉を正確に言い当て、今まで私に思考盗聴・音声送信をしてきた事をはじめて伝えてきたのです。あまりにも突然すぎてその時は半分しかその意味を理解できませんでした。結局、大阪まで逃げ、集団ストーカーや盗聴器のことで探偵と会う約束をすると、音声送信で事前に外国コインに小型盗聴器を埋め込む話を聞かされていたのですが、彼らは私のポケットの中に二度までも外国のコイン型偽装小型盗聴器を忍び込ませたり(一度捨てると、もう一度同じものを忍び込ませました)、さらに、驚くべき事にコインロッカーの鍵を違う番号の鍵とすり替えられ、紙袋に入れていた大切な荷物を失ったりした事もありました。

これについては、当時住んでいた名古屋の、二階にある私の部屋の窓のすぐ下に立っていたので、顔をはっきり覚えていたスパイ工作員が、私が探偵と待ち合わせた大阪梅田の喫茶店の出入り口のすぐそばに、かなり目立つ様に座っており、私が会計をする時には、あたかも私達が出るのを待ち構えていたがごとく、すみやかに会計をする私の背後に立っていたのですが、すると、その後、私が気づかないうちに上着の右ポケットに入れていたコインロッカーの鍵を別の鍵とすり替えられてしまい、ロッカーに預けた翌日、大阪駅のコインロッカーを開けたら、絶対あり得ない事に、中は空っぽでした。因みに、コインロッカーは一つしか借りておらず、貸付期限などに一切なんの問題もありませんでした。しかも、加害側は音声送信で盗んだ事を認めながら、盗んだ側か私にしか絶対知られる事のない荷物の中身を当ててみせ、さらにありえないことに、すぐに向かった東京で、突然ポケットから絶対あるはずのないコインロッカーのカギが出てきたのです。もし、偶然、私がコインロッカーのカギを盗まれ、入れ替えられたのなら、東京まで私を追いかけて来て、そこまでする犯人はいません。無論、コインロッカーのカギを入れ替えられた事は、私の頭の中で会話をする加害者と私以外は誰ひとり知りません。

加害者は「犯罪ではない私のある行動」を明らかに妨害していました。私も加害側も、なぜ金にもならない私の紙袋を加害側が盗まなければならなかったのかを十分すぎるほど明確に知っていました。そして、これらすべての出来事の間中、私と加害側は私の頭の中で頻繁に会話をしていたのです。

大阪に私がいる途中で私はある事実に気づきました。というか加害側が私に気付かせたのです。私を十数年以上苦しめてきた通りすがりの人による私への悪口がまったくすべて消えてなくなったのです。加害者がそれは音声送信によるものであった事を私に教えてくれた後、私への周りの人の悪口は完全に消えてなくなり、十数年以上続いた私の対人恐怖症は突然完治したのです。しかし、その事と引き換えに、私の頭の中での加害者との会話が頻繁に行われるようになりました。

そして私にとって最も重要な事実は、これらすべての出来事によって、思考盗聴・音声送信技術とその技術を使いながら私を見張る加害者が実在することを、加害側が私に立証してみせた事でした。

私が統合失調症である可能性も(より正しくは、私の十数年つづいた統合失調症が新たな統合失調症によって完全に打ち消された可能性も)、ただの集団ストーカーも、ただの盗聴器も、ただの盗撮器も、そのすべてを私の加害者が完全に否定してみせたのです。

「偶然では絶対説明できない」というやり方で、そして、「私しか絶対知らない事を加害者が知っている事を明確に示す」という方法で・・・。

この話のもっと完全な立証は、絶対ありえない偶然の連続と統合失調症というばかばかしい結論を明らかに否定しているのですが、プライベートな話を含め、あまりにも話が長すぎる為、次の機会にゆずります。

無論、彼らは決して普通の人達などではなく、間違いなくプロのスパイ工作員達です。

けっきょく東京まで逃げて、あちこちの警視庁に相談したあげく、埼玉に引っ越しまでしたのです。

しかし、実際には人体実験のモルモットである被害者がどこに住んでいるかという事は、電波による遠隔通信システムを用いるスパイ工作組織にとつてはどうでもよい事だったのです。                          

私は今でも埼玉で、思考盗聴・音声送信犯罪被害にあっています。日本のどこに逃げても24時間完全監視態勢です。

当初、加害側は近所の自治会のふりをしていて、近所や周りの人、またはインターネットサイトなどに私の悪い噂を流したふりをしていましたが、加害側が正体を現したことや埼玉に引っ越しをした事で私を精神的に追い詰めるための「虚偽」もばれてしまい、それいらい音声送信によって加害側が自分達について語る事は一切なくなりました。

加害組織は証拠を残す事を本来はしたがらず、「秘密」を守るためには手段を選びません。             被害者を異常者に仕立て上げ、社会的な信用を失わせて孤立させるために、様々な方法で被害者をだまそうと画策します。 

被害者を思考盗聴しながら、近所の声などを偽装したうえで、的確な音声送信を行ってだましにかかるのです。

そればかりでなく、電波による思考盗聴器や音声送信器などの最先端スパイ工作器械は、明らかに、被害者の脳に何らかの異常感覚をあたえます。 

http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html 

 

これらの被害は脳の(体)感覚、ないしは精神的な作用による所もあるため、医学的にははっきりしない事も多いのですが、この犯罪被害者のほとんどの方が何らかの体感覚異常を訴えている事は事実です。さらに思考盗聴・音声送信による嫌がらせによっても、明らかに相乗効果があります。

うつ病と痛みの関係

http://www.utsu.ne.jp/itami/relation/index.html
 

スパイ工作組織は真相を隠すための偽装、撹乱工作をおこなうため、 これらの事は対象人物である被害者にとつて、あたかも普通の監視(盗聴・盗撮)・家宅侵入・薬物混入・宣伝(中傷)・集団ストーカーなどの被害にあっているように認識されます。

しかし、事実はほとんどが加害組織による偽装、撹乱工作であり、欺かれた被害者の人間関係と社会的な信用を損なうための罠(工作)にすぎないのです。

加害組織は社会的に抵抗を試みる被害者に対しては、自殺に追いやる、ないしは少なくとも精神を患い、社会的に無力な者となることを画策します。                     

たとえば思考盗聴器・音声送信器による脳内情報通信を最大限に悪用し、いわば「悪霊作戦」を実行するのです。           

具体的には、毎日二十四時間、音声送信によって被害者が気にしている事や嫌がらせの悪口、下品な言葉などを聞かせたり、ほのめかしたりする事によって被害者の精神にダメージを与え、あたかも被害者の頭の中に住み着く敵のごとくふるまいます。「被害者の脳内」における精神的な暴行や性的な嫌がらせを何年間も続けるのです。事実、被害者の方で精神を患っている方や、自殺をなされた方は大勢いらっしゃるのです。 

頭の中に声が聞こえる人工テレパシー『テクノロジー犯罪』

http://ameblo.jp/244tuyo3/entry-12158195095.html

しかも、インターネットやアンケートによる被害者の方の報告によれば、加害者には明らかに変質者、(性格)異常者、性犯罪者が多いのです。謀略スパイ工作組織は世の中の闇の世界に生き、人の弱みを握るために人の秘め事に通じます。スパイ工作の世界の人間が残忍かつ陰湿な精神を持ち合わせていても何の不思議もないのです。  

また、これらの人体実験には明らかに対象者の社会的排除を目的とした実験が含まれています。 

名古屋市千種区上野二丁目十一番地九号加藤アパート36号 (菅 政彦)住んでいた頃から、最先端スパイ工作器械を用いた犯罪被害を受けています。                                   

私の加害組織は老若男女20人以上の外国系スパイ工作部隊ですが、彼らの中には感情的になると発音に「隠しきれない外国語なまり」が聴き取れる者もいます。彼らは間違いなく日系を含めたアジア人の在日系です(ただし、彼らの仲間には日本人、もしくは元日本人が複数いる可能性は十分あります)。

さらに、私の加害組織は外国の在日(アジア)系スパイ工作組織であると考えられますが、日本全体の加害組織に関して言えば、その背後にいる組織が国際的に広がる可能性がある事は事実です。例えば中国の香港と関係の深いイギリスやユダヤ機関、または多民族国家アメリカなどの日本における情報機関の実働部隊の主力が、在日系であっても驚かれません。

加害組織の活動は、脳内通信工作システムにもとづく新世代の若手スパイ工作要員の育成に重点があるようです。オペレーションルームの中には若者が大勢いて、思考盗聴はもちろん、心理操作を心得、俳優のごとく常に工作相手をだまし、自分達の事について決して本当の事を言わない事、人を精神的に苦しめ、死に追いやる事をも平気で行えるようになる事などを教育されています。これからの時代に合わせて組織の拡充を行っているのでしょう。

  

  彼らは日本の社会の裏側でどのような謀略スパイ工作を企んでいるのでしょうか。

  それがいかなるスパイ工作であれ、

  工作対象者の性格や普段考えている事は勿論、その趣味や弱みを知り尽し、

  思考盗聴によって常に相手の思考を把握しながら、

  音声送信による作戦室からの指示を受けて活動をする、 

  スパイ工作部隊は手強そうです。                                               

  もちろん思考盗聴・音声送信(声優)部隊は、他人のふりをした声や、                             

  様々な録音(合成)音声によって相手をだますことが可能です。
  
  スパイ天国日本は今のままで本当に大丈夫なのでしょうか・・・。

 以上、私の実体験を述べさせていただきましたが、被害者のみなさんに
 なにかの参考になれば幸いです。

  <続編ブログ>

http://www.geocities.jp/gdnds167/supai.html 

<被害者のみなさんへ>

音声送信の「外国語のなまり」や、私の過去の記憶の分析から、私の加害グループは、間違いなくアメリカの在日系外国スパイ工作組織であり、CIAまたはNSAに間違いないと結論づけてから(これについては、私は日本で行われたパレスチナ難民問題に関する反イスラエル、反アメリカ的な集会に参加した事があり、その司会者がおそらくPLOの関係者だった事もあって、その直後から、何者かによるつきまといやストーカー、または監視が始まった事などから、絶対に間違いが無いという自信があります。)、加害側は明らかに音声送信による普段の生活や、睡眠中での「声」による嫌がらせを強化しました。たとえば何の関係もないのに週刊誌系の下品な言葉を、録音の繰り返しで音声送信してきます。約一秒間隔で数十分間続けられた事もあります。少しでも音声送信の嫌な言葉を気にすると、さらに嫌がらせの声を送る悪循環を作り上げてきます。           

思考盗聴・脳内音声送信などによって、人の精神と人間性を蹂躙する人類史上かつてない「脳内テロリスト」達は、現代科学が生んだ現実に存在する「悪霊」のような凶悪犯罪者達です。彼らが被害者を廃人にしたり、殺したりする方法は「人権史」に残すべき、最悪の方法の一つです。

                                                                         この犯罪をほとんどの方が知らない、平和な日本の社会の闇の中で、彼等によって自殺に追いやられた被害者の方が受けた「あらゆる非人道的な虐待」は、決して「アウシュビッツ」に劣る事はないのです。

                                                                          被害者の皆さん、頑張って彼らの悪事を世の中の明るみにだしましょう。いつの日か必ず、確かに存在するこの犯罪が「公的な事実」として、社会の認知を受ける日が来ることを願ってやみません。 


いろいろ大変だと思いますが頑張ってください。
インターネット上においていろいろ教えてくださった、先人のみなさんの努力に感謝いたします。



被害者の方の記録

テクノロジー犯罪 集団ストーカー犯罪 全国被害者

http://tekunoroji-hanzaihigai.jimdo.com/全国被害者/

mmsさんのマイページ      

http://www.freeml.com/bl/8531507/ca/2416/ 

Rink  free             write by                                                                                                      

 


nice!(1)  コメント(67)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース
思考盗聴・音声送信・電波集団ストーカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。